三郷店ホールスタッフ ─ 相澤達也 ─ 株式会社 サンエイ

先輩スタッフのストーリー

三郷店リーダー ─ 相澤達也

三郷店リーダー ─ 相澤達也

  • 2013年4月入社
  • リーダー

県内だけではなく、業界でNo.1を目指して頑張りたい。

2013年に新卒の一期生として入社。柳原店勤務を経て、昨年11月からは三郷店でホールスタッフとして働いている。
「入社を志望した1番の理由は、元々パチンコ・パチスロが大好きだったこともあります。興味のある分野で、会社の成長とともに、自分自身も成長ができると思いました」

ホールでは、相澤の一際大きな「いらっしゃいませ」、「ありがとうございました」の挨拶がフロアに響く。
「常に見られているという意識を持ち、お客様に伝わるような挨拶を心がけています。また、気持よく遊技していただくために、常にホールを快適で綺麗な状態に保つことも仕事のひとつです」

お客様とスタッフの距離が近いのもニュー東京ならではの魅力だという。
「やはり勝負事なので、出る、出ないといったことで不満をもたれるお客様もおられます。『店長を呼んでこい』と言わることもありますが、ホールの責任を担っているのは自分なのだと強く自覚し、毅然とした対応を心がけています。親身になって話を聴いたり、自分の経験談を話したりすることで、お客様には理解をしてもらっています」

アルバイトスタッフなどの指導を任される一方で、まだまだ2年目の相澤。先輩からの熱い指導・叱咤激励に耳を傾ける。
「エリアマネージャーからは『常に考えた行動をしろ』と言われています。考えなければ仕事ではないと思います。しっかりと意図と目的を明確にした行動を心がけています。自分に対しても、周囲に対しても中途半端な仕事は許していません」

現在のホールスタッフという仕事。その上には、リーダーというステップアップが待っている。
「リーダーを目指すのはもちろんのこと、いつかはサンエイの社長になりたいです。県内だけではなく、業界でNo.1を目指して頑張りたいです」

相澤の志はさらなる高みへと気持ちが向かっている。


Copyright(C) Sanei Co., Ltd. All rights reserved.