須坂店マネージャー ─ 常田博史 ─ 株式会社 サンエイ

先輩スタッフのストーリー

須坂店マネージャー ─ 常田博史

須坂店マネージャー ─ 常田博史

  • 2005年10月入社
  • マネージャー

私の判断によって全てが決まる、だからこそ今あるものを活かし続けたい

現在、マネージャーとして須坂店全ての管理と権限を任されている常田。

「大学時代は大阪にいたんですが、パチンコの派手で華やかな印象がとても好きで、よく通っていました」
一旦実家に戻り、家業を継いだが、社会人として経験を積みたいという想いから、好きだったパチンコ業界へ。
「入社して思ったのは、大阪で行っていた店に比べて、ニュートーキョーはとてもアットホームな雰囲気がするな、ということでした。スタッフの人たちがお客様に親身になって対応していて、お客様にとっても店をとても身近な存在に感じていただいているなと思いました」

2010年2月にリーダーとなり、ホール業務全般に関わるように。その後2012年4月からはストアマネージャーとして、現在は店舗のトップとなるマネージャーに就任。

「就任した須坂店はグループの中でも一番小さいお店なんです。低貸し専門店でもあるので、最新台はそうそう入れることはできません。それでも須坂店を選んでくれるお客様が沢山います。そこには、気軽に話せるメンバーが居るなど、お客様にとって居心地の良い空間になれているからだと思っています。そしてメンバーもそういう空間づくりを意識してくれているんです」

日々、数字だけ見ても気づけない事が多いと、以前居た店舗で痛感した常田。
だからこそ、お客様やメンバーを自分の目で見て、営業にリンクさせられる事ができている

「私の判断によって店舗の営業方針が変わります。そして全てがリンクしないと結果が生まれない。リンクした時は私の想定を遥かに超える結果になるんです。私が目指すアットホームなお店、そこに最も近い店舗は須坂店だと自負しています」

常田の挑戦はまだ始まったばかりだ。


Copyright(C) Sanei Co., Ltd. All rights reserved.