若穂店マネージャー 山口清和 ─ 株式会社 サンエイ

先輩スタッフのストーリー

若穂店マネージャー 山口清和

若穂店マネージャー 山口清和

  • 2002年12月入社
  • マネージャー

この会社は仕事を任せてくれるんです。それがすごく嬉しかったですね。

2002年12月、柳原店のグランドオープンの際に研修生として採用された山口。あれから9年、今では篠ノ井店の若穂店のマネージャーの職に就く。
「入社したキッカケは求人誌を見て。ちょうど柳原店のグランドオープンのときでした。新しいことが始まる、こういうタイミングはなかなかないし、経験できないことだろうなと思って、軽い気持ちで入りました」

入ってみたら、すぐにこの仕事に惹かれたという。
「仕事が楽しかったんです。これまで、ガソリンスタンドや車の整備士などいろいろ経験してきましたが、この会社は仕事を任せてくれるんです。それがすごく嬉しかったですね。任せられると、なんとかやり遂げようと頑張る。それによって認められて、もっと仕事ができるようになる。それが楽しかったですね」

順風満帆にステップアップしていくように思えたが、実はそうではなかった
「働き始めて約2年後に篠ノ井店の班長に昇格しました。そこで、初めて“挫折”を味わいました。部下との関わり方で行き詰りました」

山口の指導の仕方に反発した部下たちがこぞって辞めていったという。
「そのときに助けられたのが上司の存在です。いろいろ話を聞いてもらって、相談に乗ってもらいました。そして、ちょうど結婚して子供が産まれて、人への接し方が変わりましたね。うまくいかないのは、自分の気持ちが、相手にきちんと理解してもらえていなかったんだ、ということに気が付いたんです」

それからは、部下としっかりコミュニケーションを取るようにしていった。
「日々気にかけたり、元気がなかったら声をかけたり。自分がそうしてもらったように、自分も部下に仕事を任せるようにしました。そうしたら、部下がちゃんとついてきてくれるようになりました」

過去の挫折を克服し、マネージャーになった今では、たくさんの部下に信頼されている山口。休憩時間にはたくさんのスタッフと言葉を交わす。
「スタッフみんなで、若穂店を地域で一番のお店にするという目標を掲げました。これからも“笑顔・明るく・元気よく”で頑張っていきますよ!」


Copyright(C) Sanei Co., Ltd. All rights reserved.