去年の10月、僕は完全に腐っていました。
「明日こそ辞めよう」
そうやって毎日を過ごしていました。
リーダー候補に選ばれたにもかかわらず、その時はリーダーになることはできませんでした。
「だったら最初から候補にあげるなよ……」
「僕はどうせダメなやつなんだ……」
「頑張っても無駄なんだ……」
完全に心が折れていました。
でも、自分の取柄は元気だけだから、やる気があるように見せていました。
それがとても苦しかった……。

そんな折、青木島店に人事交流で行くことになりました。
僕のこんな状態を見て、会社がチャンスをくれたんだと思います。
でも、本心は嫌で、嫌で……。
理由は、当時の青木島店には中村主任がいたから。
僕がサンエイに入社し、初めての上司が中村主任でした。
僕は中村主任を尊敬していました。
だから、自分のダサい姿を見られたくなかったのです。
本当は「自分、これだけ成長しました」って言いたいのに、辞めようと思っている自分が恥ずかしかったのです。
青木島店に行ってすぐに、目標設定シートを書きました。
正直、「どうせやめるんだから適当でいいや」と思って提出しました。
それを見た中村主任は僕にこう言い放ちました。
「負け犬」
そして、僕が書いた目標設定シートをそのままゴミ箱に捨てました。
正直、カチンと来ました。
「オレは負け犬じゃないっ!」
僕自身、まだこんなアツくなる気持があったんだと驚きました。

そんな僕に、中村主任は優しく言ってくれました。

「なんで辞めたいの?ちゃんと乗り越えなきゃ」
「ここで辞めたら、一生逃げる人生だぞ!」って。

その言葉に、辛いことから目をそらし、逃げ回っていた自分に気付きました。
ここまで気にかけてくれる人がいるのに、僕は何をやっているのだろう。
もう1回、ちゃんと頑張ろうって決めました。
その1か月後、中村主任と須坂店で一緒に働けることになりました。
僕はとても嬉しくなりました。
今度こそは、中村主任に自分の成長した姿を見せよう!と思いました。
そして今、必死で頑張っています。
今言えるのは、あの時「逃げなくて良かった」ということ。
そして、中村主任の家族のような思いやりが僕の今を作ってくれたということ。
中村主任、これからもよろしくお願いします。